七大陸最高峰チャレンジって?

七大陸最高峰チャレンジは短くまとめると、地球の7つの大陸:アジア、ヨーロッパ、オーストラリ、北米、南米、アフリカと南極大陸を全部回ってそれぞれの一番高い山の頂上に立つというチャレンジ。

その7つの山は標高も気候も、登る難易度ももちろん大きな差があるが、どれも週末の旅行気分で挑むものではない。しっかり準備して、装備や体力整えて挑戦する。順番は自由ではあるが、いきなりエヴェレストから始める人はいないだろう。というわけで七大陸最高峰は以下の通り!

アジア
エヴェレスト (8848m)
ヨーロッパ
エルブルス (5642m)
オーストラリア
プンチャク・ジャヤ (4884m)
北米
デナリ (6190m)
南米
アコンカグア (6962m)
アフリカ
キリマンジャロ (5895m)
南極大陸
ヴィンソン・マシフ (4892m)

南極と北極圏、赤道のジャングルとサバンナも全部飛び回るチャレンジ。ヴィンソンの圧倒的な寒さ、デナリの氷河、プンチャク・ジャヤの岩壁。富士山に行くと空気が薄くて高山病にならないよう補助酸素使っている人も見かけるが、七大陸最高峰は標高が最下位のプンチャク・ジャヤでも富士山よりは1000㍍も高い!

標高や寒さ、岩と氷の壁を登る技術、何週間も登山を続ける体力。そういった物理的と隠喩的な壁も乗り越えて、七大陸最高峰チャレンジを成し遂げると決めた。

代わりに体力つけてもらうのは無理だけど(一緒に体力つける仲間は募集中!)山によっては何百万円もかかる金銭的な負荷に関してはぜひご協力をお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です